ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
フリーページ
rss atom
藍染ヘンプかやケット


・ 型番
K32001
・ 定価
35,640円(税2,640円)
・ 販売価格

35,640円(税2,640円)

・ 購入数

漢方の新薬のようなケットです

● 手触りもやわらかく、ブルーの色も美しい

● ガーゼケットのような まとわりつきもなくてサラッとして気持ちが良い

● 夏は涼しく 冬暖かい オールシーズン快適
 
これに加えて、現在発表されている抗炎症作用、抗菌作用、抗酸化作用とスピリチュアルな「鎮魂の効果」がある漢方薬のようなケットです。

薬草ともいえる藍のチカラ × 医療用で解禁が求められている大麻・ヘンプのチカラ で 

寝具というより漢方の新薬のようなケット

お医者様も絶賛 副作用のない漢方薬のようなケット!です。

ぴょんぴょん先生 ご使用感とご診断ありがとうございます。

参照までつけていただき、私の説明より、大勢の方にもご理解いただけそうです。

蚊帳から生まれたかやケット

1996年、インターネット上にHPを立ち上げ、蚊帳をよみがえらせた菊屋は2018年

日本で、否、世界で最高級の蚊帳 

●素材は一般的な麻(ラミー、リネン)ではなく日本古来からご神事で使われる大麻(ヘンプ)

●織方は 一般的な平織りでなく 立体構造で洗濯も可能なカラミ織り

●染料は 一般的な化学染料でなく 本藍染を 施した


世界最高級の蚊帳 
藍で染めた古くて新しい大麻(ヘンプ)100%の蚊帳を「地球とつながるearth-net アースネット」として発表。

アースネット 藍染めヘンプの蚊帳

※この先100年後も受け継がれて欲しい日本の日用品としての評価も得た。(婦人画報8月号)

「大麻のチカラ」×「藍のチカラ」で安眠をお約束

大麻(ヘンプ)は、戦後栽培だけでなく所持することも禁止されているのですが、皇位継承の儀礼である「大嘗祭」には欠かせない重要な素材で、古より「海水でも祓いきれない穢れを祓う」特別な祓い清めの道具として、しめ縄など神と人間とを取り結ぶ場面に必ず使われています。

菊屋は2004年から、神聖な大麻(ヘンプ)をカラミ織の蚊帳をつくってきました。
タテ糸を絡ませながら、ヨコ糸を固定していくカラミ織は見た目も美しく、洗濯も可能にした新しい蚊帳としてよみがえらせました。

ヘンプの繊維には微細な穴が無数にあり、吸水性・速乾性、調湿性に優れています。

蚊帳は中国大陸から、奈良時代に日本に渡ってきたと言われていますが、遣唐使が持ち込んだ蚊帳は綿や絹で出来た蚊帳です。
室町時代になって、高温多湿な日本独自の麻製の蚊帳を近江商人たちがつくったのでした。

「ヘンプの蚊帳を吊っているだけで、部屋の空気が浄化された気がする」

「ヘンプの蚊帳に入っただけでも、すごく気持ちよかった」

「まるで、お母さんの子宮の中にいるような安心感」

「心が平和に満たされて、寝るのがもったいないくらい」


さらに藍のチカラをヘンプの蚊帳に加えて

草木からとった藍の染料は、布を染めるという以前から、病気に効く、薬として効果効能を追求したものでした。 藍染の抗菌効果・消臭効果は高い評価がありますが、藍染の、バツグンの虫よけ、防虫効果は、蚊帳本来の機能を高めるものであり、古人も草木染・藍染めの蚊帳を生活の中にとり入れていました。

原点回帰で菊屋は、蚊帳としての最高素材である大麻(ヘンプ)の蚊帳に藍染めを施して世に出すことにしました。

身にまとえば安眠は当然 アースケットの特徴

肌に触れなくても不思議な安眠空間をつくってしまう、ヘンプの蚊帳です。

その藍染・大麻(ヘンプ)の蚊帳生地をそのままケットに仕立てたヘンプかやケット(アースケット)を身にまとえば安眠は当然!

薬草ともいえる藍染めのチカラと、解禁が求められている医療用の大麻のチカラで鎮静・鎮魂の安らかで健やか眠りへといざないます。

その理由は

【1】大麻(ヘンプ)の特徴  【2】織り方=カラミ織の特徴  【3】藍染めのチカラ

菊屋のオリジナル「カラミ織」は、縦糸を絡ませながら横糸を固定していきます。そのため、お洗濯しても網目をきれいに保つことが出来ます。



付近やコースターなど小さな製品にするには平織りでいいのでしょうが、大きなケットではカラミ織が必要です。

カラミ織 平織り  


改めて、人と地球にやさしい大麻(ヘンプ)からは様々な商品が世に出されています。



ヘンプは地球環境にほとんど負荷がありません。

わずかな水で育つので、砂漠の緑化にも貢献できるし、輪作や二毛作が可能です。
たとえ一種類だけの大規模栽培をしても、労力が少なくてすむ。
ヘンプは害虫に強いから農薬・化学肥料がいらない。

雑草よりも成長が早いので、除草剤がいらない。

ヘンプは深くまで根を張るから、痩せた土地に麻を植えれば、土壌が改良される。
しかも、悪い土ほど良い麻が育つから、放棄された田畑の有効活用ができる。

ヘンプオイルは石油の代わりになるから、発電もできるし、プラスチックや合成繊維にもなるし、現にヘンプオイルで走る車もあるくらいだ。

しかもヘンプの種(麻の実)は、スーパーフードと呼ばれるくらい、タンパク質も豊富。

ヘンプシード(麻の実)には、ミネラルが豊富。

花や葉っぱから取れるTHCにはおだやかな幻覚作用、精神安定作用、抗がん作用がある。
茎から採れるCBDにも抗がん作用がある。

世界は脱原発に向かっているから、大麻は代替エネルギーの天然資源として、これから大活躍するはずだ。


このように人と地球にやさしいヘンプから、たくさんの商品が開発されています。



理想の寝床内気候をつくる 藍染ヘンプかやケット

温度33℃、湿度50%の快適な寝床内気候を目指して、菊屋オリジナルの蚊帳生地で仕立て上げたヘンプかやケット。


藍染を施したヘンプかやケットは、抜群の熱伝導性と吸湿発散性で夏を涼しく、冬を暖かくする見事なまでに四季の眠りを快適にするケットです。

樹脂加工を施していない吸湿・発散性のある羽毛掛ふとんと併用すれば、冬でも綿毛布はもちろん、純毛毛布にも劣らない理想の寝床内気候(温度33℃、湿度50%)が保てる。

まさに、藍染・ヘンプ100%のアースケットは、四季のある日本での理想のオールシーズンケットと言えます。

夏に快適なタオルケット感覚で世に出したのですが、冬の寒さにも効果抜群の逸品になるとは、考えていませんでした。

改めて、理想の寝床内温度は33℃です。

それに対して、体温は約36℃。体温の方が理想の寝床内温度よりも高いのですね。

藍染を施したヘンプの二重ケットは、抜群の熱伝導性を有しています。体温をしっかりそのまま掛ふとんに伝えてくれます。
もちろん外気は冬の寒さで室内温度も10〜15℃ほどですから自分の体温で寝床内の温度を上げることになります。

体温 → 大麻かやケット → 掛けふとん へと暖かさが しっかり掛ふとんへ受け入れてくれるのだったら床の中は暖かいはずです。

いろいろと実験をしてみましたが、ポリエステル綿や樹脂加工の施してある羽毛布団では体温の暖かさが掛ふとんに伝わりません。

樹脂加工の施していない菊屋おススメの羽毛布団と大麻かやケットを併用すれば、アクリルや綿のタオルケットよりも暖かくやすむことができます。

洗えば洗うほど、しなやかになり快適なヘンプかやケット。一年を通してご活用ください。



ジャパンブルーな眠りのスタイル

富士山のふもと 富士宮の宍戸さんの工房で藍染めしていただきました。

富士山藍染め

ジャパンブルーな日本の眠り方

【2018年新作】 古くて新しい日本の蚊帳 earth net

 「大麻(ヘンプ)のチカラ」 × 「藍染のチカラ」 で誕生!
 

相手を殺さずに身を守る 平和な日本の象徴としての蚊帳

すばらしき日本の象徴・ジャパンブルーよ永遠に! 

これからの100年先も残したい日本の蚊帳もジャパンブルーな藍染めです。

この菊屋の大麻(ヘンプ)・藍染ジャパンブルーの蚊帳 = earth- net は【100年後に残したい商品】として 100年雑誌の「婦人画報」さん 2018-8月号で選定されました。



 ジャパンブルーな菊屋のアースネット  ※ ヒノキ製 蚊帳フレームは別売です


藍染ワンタッチ蚊帳

サムライブルーな眠りのスタイルで2020東京五輪へ

初のベスト8入りは逃したものの、素晴らしい日本流のサッカーを展開し、スタジアムでの応援・清掃など日本らしさを世界に見せてくれた2018サッカーW杯ロシア大会の日本代表。

【試合前】世界各国で活躍している日本選手が集結し、

【試合中】それぞれの個性を生かしつつ日本らしいサッカーをして、

【試合後】ロッカールームやスタジアムをきれいに清掃してあとにする

この一連の【サムライブルーな日本のスピリット】が世界中で高い評価を受けたサッカーW杯ロシア大会でした。

すばらしき日本の象徴・サムライブルーよ永遠に! 

これからの100年先も残したい日本の蚊帳もケットもサムライブルーな藍染めです。

聖なる安眠空間づくりの蚊帳と、身にまとううケット。

アイとまとい アイに包まれて眠る

ジャパンブルーな日本スピリットで、今日を生き抜く寝具・心具・神具・日用品としてご活用ください。

2018年サッカーW杯ロシア大会、そして2020年の東京五輪にむけて、

ジャパンブルーな蚊帳・平和の象徴・地球と共生〜共眠のアースネットを世界に輝かせる良いタイミングでのご披露となりました。

「相手を殺さず身を守る」 平和な日本の象徴としての蚊帳です。

藍染・ヘンプかやケット 予約販売を開始 

ヘンプ100% かやケット アースケット 33,000円 (税別)


※ 現在、たて糸・ヨコ糸 ともに大麻・ヘンプ100%の 蚊帳生地をカラミ織で織り上げています。

   それを富士山麓の富士宮で藍に染めています。

そこから、生地の整理・湯通し・裁断・縫製・仕上げと3週間ほどかかります。

8月のお盆休み前までにお納めできるように頑張ります。



2017年に完成させた麻かやケットの紹介動画 

この麻の部分を大麻(ヘンプ)としてさらに藍染を施した ヘンプかやケット(=アースケット)です。
 

寝苦しい夏だけでなく、冬の温もりを伝えてくれ、心地良いものへと導いていきます。

 藍染されていない生成りの蚊帳ケットはこちら 

仕様

素 材
大麻 ヘンプ100%  天然藍染め

サイズ
145×200僉 

価 格

大麻 ヘンプ100% 33,000円(税別)