ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
フリーページ
rss atom
ホーム クスリに頼らない安眠術 > クスリに頼らない安眠術 概要
クスリに頼らない安眠術
 


anmin.com 菊屋は【講座】「クスリに頼らない安眠術」を旋回基軸に
安眠提供企業を目指しています。

 下記に「クスリに頼らない安眠術」の概要を記します。

講師 蚊帳の博物館館長     
睡眠改善インストラクター 心理士 
 anmin.com 菊屋 代表 三島 治 

講師 三島治

 

はじめに

健康の定義
  世界保健機構(WHO)憲章で
  身体・精神・社会的な健康に「スピリチュアルな健康」を加える動き

睡眠の定義
  随時覚醒可能な全般的な身体機能 及び意識水準の一時的低下現象
  →スピリチュアルな世界
 
スピリチュアルな人生観と睡眠観
  「永遠の命(いのち)」と「限りある人生」、「生と死」と「睡眠と覚醒」
  次元を上げる安眠術について、発表しました。メルマガ986号

人の睡眠の変化
  誕生・新生児の眠り → 主(夜間)睡眠中心 → 浅い睡眠・高齢者の眠り・臨終

睡眠の三大要素
 (1)体内時計と睡眠覚醒リズム (2)体内時計と体温のリズム (3)光とセロトニン・メラトニン

睡眠改善のための生活習慣努力目標
(○既にOK △出来る ×無理) 出来ることから始めましょう。

 1.毎朝ほぼ決まった時間に起きる
 2.朝食を毎朝食べる
 3.午前中に太陽の光をしっかり浴びる (30分以上)
 4.日中は活動的に過ごす
 5.昼食後から午後3時の間に30分以内の昼寝をする(55歳以上の人)
 6.夕方に軽い運動をする
 7.夕方以降にコーヒー、紅茶、緑茶などを飲まない
 8.寝床に就く1時間以内にタバコを吸わない
 9.就寝の2時間前までには食事を終わらせる
10.ベッドでテレビを見たり仕事をしない
11.ぬるめのお風呂にゆっくりつかる
12.寝る前に心と身体を休ませるように心がける
13.眠るためにお酒を飲まない
14.寝床で悩み事をしない
15.眠くなってから寝床に入る
16.睡眠時間帯が不規則にならないようにする

不眠解消の認知行動療法 
 不眠治療に使われる 睡眠日誌を用いた「睡眠スケジュール法」

安眠のための基盤整備
○眠りを促す効果的なリズム運動
○メラトニン分泌のための効果的な食事と栄養
○団欒の再構築(10項目)
○交流の黄金則
サーカディアンリズムを整えるアーシング 
(身体にたまった電磁波も除去するアーシング)
○肯定的な生き方、考え方 「降りてゆく生き方」のご案内

カンタン実践安眠術
まくらを用いた朝・昼・夜に行う3つの安眠法
○認知症発症率を1/5にする昼寝の方法

就寝前のストレス軽減法
○筋弛緩療法 ○自律訓練法 ○腹式呼吸法
○オキシトシン分泌法

点から始める睡眠環境改善
点(=枕)→ 面(=寝床) → 安心安眠空間 → 家庭・社会 → 国 → 地球

睡眠による能力開発
セレンディピティ(偶然にも似た幸運をもたらす)力を高める睡眠法
ヘンプのチカラ 安心・安眠・癒し・祈りの 床と空間づくり

おわりに
 究極の眠り 「入棺体験」のご案内
 「共生〜共眠」 地球と共に アーシング
 「ねいるケアあんみん運動」


 

【補完講座】
  あなたにぴったりの「枕つくりのワークショップ」