ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
フリーページ
rss atom
ホーム ねいるケアあんみん枕 > 枕と睡眠科学
枕と睡眠科学


睡眠はオーバーヒートした脳をクールダウンさせる

生理現象  頭寒足熱 の理


睡眠とは・・・・睡眠の定義

●人間や動物の内部的な必要から発生する,「意識水準の一時的な低下現象」である.そして,覚醒可能なことが絶対条件である。

●睡眠は健康や安全に強く影響を及ぼす基本的な「生命現象」であり、高度に発達した脳を効果的に休息させるように進化してきた「生命現象」でもある

睡眠はオーバーヒートした脳をクールダウンさせる生理現象である。
昔から言い伝えられてきた 頭寒足熱の正当性がうかがえる。

 

眠りとは オーバーヒートした脳や内臓諸機関を冷やすものです。

体温、(皮膚音ではなく体の深部の体温=深部体温)の変化と睡眠の関係はホットです。

人は、およそ24時間の体温変化のサイクルをもっています。
これをサーカディアンリズムといいますが、午後の7時くらいが最も体温が高くなっています。

この時、睡眠をとってはいけない!として、睡眠禁止帯とまで呼ばれています。

睡眠は、体温が下がるところで、起こります。睡眠中は体温が下がります。ともいえるのです。

体温の上昇中や、ピーク時で眠っても、世眠りは得られないということになります。

体温変化と睡眠

このように、「睡眠はオーバーヒートした脳をクールダウンさせるもの」です。

さて、頭を冷やすには、どのようにして冷やすか?

その一つの、生理現象として発汗作用があります。

すなわち、汗をかいて、その気化熱で体温を下げるというしくみです。

下に、睡眠中の

  (1)睡眠の深さ  (2)体温の変化  (3)発汗量  の変化の

三つのグラフをならべてみました。

睡眠中の生理現象

一番上のグラフは 睡眠中のサイクルです。 

およそ90分で、1サイクルです。 はじめの90分に深い眠りが得られます。

真ん中のグラフは体温の変化  睡眠とは、 オーバーヒートした脳を冷やす生理現象であります。

一番下のグラフ=発汗量 汗をかいて体温を下げるのです。

特にオーバーヒートした脳を冷やすために、頭は蒸れないようにしなければなりません。

枕や寝具には保温性よりもむしろ 吸湿&発散性が求められます。

パイプやプラスチック素材 低反発枕に代表されるウレタン素材では なかなか 吸湿発散ができません。

睡眠科学に基づいた 頭寒足熱 の枕を追求します。


★★★★睡眠中のリズムを損なわないように、【共生〜共眠】のコンセプトと併せ★★★★

ねいるケアあんみん枕は、吸湿発散性のある安眠枕を目指して、

【1】 生地は麻100%としました

蒸れやすい生地・素材
蒸れない枕の生地
蒸れる
吸湿性の良い生地
水滴をはじく ↓
吸湿する ↓
水をはじく生地
吸湿性の良い生地
ポリエステル系の生地 ウレタン素材
麻100% ねいるケア安眠枕

【2】 中身は吸湿・発散性に富んだ球状羊毛(ウールノップス)を採用・洗濯もOK!


ウールノップス

【3】 ウールノップスを包むユニット生地には、丸洗いができる麻100%カラミ織の蚊帳生地を用いました。

カラミ織

(1)枕博士・加藤勝也氏の枕理論  (2)共生〜共眠のコンセプト  (3)睡眠科学にのっとた

ねいるケアあんみん枕 です。