ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
フリーページ
rss atom
ホーム ねいるケアあんみん枕 > 枕の効果的活用法
枕の効果的活用法

眠りの3大要素を意識して枕をケアしながら安眠を!

枕だけで、睡眠のさまざまな問題が解決されるものではありません。
事実、日本睡眠環境学会では眠れない原因の50%が身体的な原因、35%が精神的な要因、そして残りの15%が物理的環境によるものだと、発表されています。

部屋の温度や湿度、騒音や光などさまざまな物理的な環境がありますが、その全体で15%という中で、果して、枕はどのくらいのウェイトを占めているか? 2〜3%ほどかも知れません。

ですから、不眠など眠りの様々な状況を、枕で解決できるものではありません。

確かに 「ねいるケアあんみん枕」 は枕博士とともに共生〜共眠の精神にのっとった、理想の枕です。 この理想の枕を 睡眠科学、睡眠改善学と連携させて、安眠の効果を高めてください。


眠りの3大要素  (1)光 (2)睡眠リズム (3)体温変化 を 活用し

まくら を 用いた カンタン ・昼・  安眠術

   【朝  枕を天日干し 

   光を浴びてセロトニン神経の活性化を
これにより、夜にメラトニンの分泌される


  枕を採り入れて 5分間目をつぶる

   脳をやすめてフラッシュ睡眠 これにより頭が休まる


  枕を整えながら、腹式呼吸の確認

   副交感神経を優先にリラックス 眠りの準備を

   頭を冷やす 頭寒足熱の天然素材のねいるケアあんみん枕
 


 セロトニンと安眠枕

睡眠の3大要素の一つ、光とねいるケアあんみん枕を結びつけると

朝起きたら ねいるケアあんみん枕を 天日干しください。
ご自身が光を浴びて、神経伝達物質であるセロトニンを活性化させます。

このセロトニンが、夜になると、眠りに誘うメラトニンに変わります。
光を浴びて、14時間後にメラトニンが分泌されるという仕組みが上の図です。

日干し・丸洗いができる「ねいるケアあんみん枕」は、このように睡眠改善の道具としても活用してください。

昼過ぎに、天日干しした枕を下げる時のお昼寝も、認知症発症率を5分の1にまで軽減させるものだといわれています。

また、夜、ねいるケアあんみん枕の調節をしながら、腹式呼吸の確認は、
交感神経優先状態から、副交感神経優先にしていくのに有効です。

腹式呼吸が楽にできるように、枕の調節することが大切です。

鼻から息を吸って、口から息を吐く この鼻呼吸による
腹式呼吸法が楽にできるようにセットすること
これは、ねいるケアあんみん枕の必須条件でもあります。

頭を冷やす、麻の枕も 睡眠中の体温変化と連動しています。

睡眠科学と「ねいるケアあんみん枕」の関係 もどうぞご覧ください。