ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
フリーページ
rss atom
 菊紋和蚊帳(きくもんなごみ・かや)洗い方 干し方 試験 

菊紋和(きくもんなごみ)蚊帳の製造工程 は
麻糸に製糸  カラミ織  湯通し  天然でんぷん糊付け → 縫製・仕立 
となっています。 

 
お洗濯が可能だと銘打ち、網目の崩れにくいカラミ織で洗濯が可能ですが、
縮む可能性がありまで洗い方にはご注意ください。

 
  洗濯による寸法変化試験を、静岡県工業技術研究所浜松工業技術支援センターに依頼して実施いたしました。 (平成19年6月6日)

<試験した蚊帳> 麻のカラミ織 菊紋和蚊帳 三畳用
 
<試験方法> 縦485mm 横755m 深さ760mmの浴槽に界面活性剤(ニュービーズ:花王)0,05%を含む水80リットル(浴比 1:35)、25±2℃で20分間浸せきし、取り出して25±2℃の水に20分間浸せきする。洗濯処理後、布巾で軽く押さえて水分を取り、吊り下げた状態で自然乾燥をした。

<試験結果>
 一回目の結果で 最大収縮率は 1.7%
 二回目の結果で 最大収縮率は 2.7%
 三回目の結果で 最大収縮率は 2.5%

この結果、当社の製品として十分満足の得られるものでした。