ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
フリーページ
rss atom
ホーム 社長あいさつ
三島 治

ようこそ。菊屋の三島治です。

静岡県磐田市で「三島屋ふとん店」を営んでいた両親を選んで、1956年(昭和31年)にこの世に降りてきた私は、そうです「生まれた時からのふとん屋」です。

ふとん屋ですから私の使命は「みなさんに健康で快適な眠りをお届けすることだ」と言い聞かせて来ました。

それができなければ、私自身は、生きていくことも、生活することも、眠ることも出来なかったのです。ですから、必然的にテーマは「どうしたらぐっすり眠れるか?安眠を得られるか?」と来る日も来る日も考えてきました。

そんな私は、1996年5月の40歳の誕生日に安眠をテーマにしたホームページ www.anmin.com を開設、安眠のためには、このような枕や、布団を使うのがいい!と、実店舗だけでなく、このネットの世界でも、一生懸命に、ご案内してきましたが・・・・、ある日「蚊帳はないか?」というお客様のご要望から、翌1997年より、ふとんや枕だけでなく、蚊帳(かや)の製造・販売も開始するようになりました。

 

私の少年時代まで日本の夏の風物詩でもあった蚊帳でしたが、20数年前になると蚊帳は姿をすっかりと消し「蚊帳の外」という言葉だけが残った時代の、蚊帳への取り組みに対して、「今さら蚊帳なんて」といわれてきました。
 

ところが、インターネットを活用しての「蚊帳屋」を頑張らせていただいたおかげで、20年近くかかりましたが、蚊帳は健康とそれを支える質の高い眠りにとって大切な道具として高く評価されるようになりました。
 

蚊帳を不要なものとした殺虫剤やエアコンを嫌う人々、自然の中で生かされているという「健康と地球環境」を見直そうという皆様からのご支持をいただき、蚊帳がゆっくりと復活してきたのです。
 

その過程で、私がフィランソロピー協会から表彰されたり、地元磐田市からは「市民賞」をいただいたり、雑誌ソトコトから「60の誠実な会社」に選ばれて掲載されたことは、菊屋だけでなく菊屋の商品を購入していただいたお客様の健康と環境への高い意識が評価されたことだと、たいへんうれしく思っています。ありがとうございます。

これからも「蚊帳の外」しか知らない現代人に「蚊帳の中」のぬくもりと、安眠の大切さを力強く、お伝えしてしてまいりたいと思います。

 

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震を境にして、変わらざるを得ない私たちの考え方、生き方の中で、本来あるべき「眠り方」について「共生〜共眠」の視点から、【講座】「クスリに頼らない安眠術」を構築して、これをanmin.com 菊屋の基軸にしました。


時は流れ、昭和から平成、そして令和へと移り、私が受け継いだ菊屋も「まちのふとん屋時代」から「ネットの蚊帳屋時代」を経て、「新しい時代の幕開け」となりました。

40の手習いで始めたホームページは開設23周年となりました。




数多くの人に支えられ、昭和31年生まれの私も、平成の31年を全うし、新しい令和も、まだまだ現役、元気で、私の使命=みなさまに健康で快適な眠りを提供できるよう頑張ります。

それにしても光陰矢の如し。

ネット上に、蚊帳を吊り始めたころに、授かった末っ子の次男も成人しました。
蚊帳で私も菊屋も成長し、子供たちも育てていただきました。

これまでの ふとん屋人生・四十有余年で育まれ、培ってきたものを活かして、
世の中に役立てるように頑張ります。


三島家一同

「役に立ってこそ、生かされる」身の上であることを肝に銘じ、これからの努力・精進を誓います。

この「新しい時代の幕開け」とはどんな時代になっていくのか? 
そして世界中どこを探してもない、菊屋ならではの 安眠の秘訣、安眠の素材について、もう少し詳しく知りたい、ご覧になりたい・・・そんな、ありがたいあなたには ・・・・

こちらに続く、菊屋店主・三島治(みしまおさむ)の物語をご覧ください。

※ このつぎの 次のページの序章では 安眠のお守りプレゼントコーナーも用紙してあります。





今度ともどうぞ、末永くよろしくお願い申し上げます。

      令和元年10月吉日

              有限会社 菊屋 代表取締役 三島 治 

 −−−−−−−−−−−−

よろしかったら、 是非  菊屋の物語(詳細)をご覧ください。

こちらでは、序幕 第一幕 〜 第四幕 まで記しています。

テーマは ぐっすり眠って人生を輝かせよう です