ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
フリーページ
rss atom
ホーム ねいるケアあんみん枕 > 枕博士の枕理論
枕博士・加藤理論

「人はなぜ枕をするのか」加藤勝也(1935 〜 2009年)著 (立風書房) 

「枕にもそれなりの役目あり・自然体」 と加藤氏は枕の在り方に疑問を抱き、全国各地でコンサルタント活動を通しての実践データをもとに独自の枕理論を構築。そして、それらを一冊にまとめました。
 
枕博士 加藤勝也 加藤勝也著「なぜ人は枕をするのか」width=


日本睡眠環境学会で「快適さを基にして求めた枕の高さの実効値」の集積結果を、1994年から毎年発表されました。
オリジナル枕をつくっての追跡調査の数は、1999年の学会発表時には5000にも及んでいました。

加藤氏は、従来の枕の概念を覆した枕革命を起こすと同時に、1990年初頭から現在に至る枕ブームの火付け人としてもテレビをはじめマスコミ各誌で活躍されました。

加藤理論に基づく様々な加藤式枕を世に送り出しました。
そして1996年、枕の集大成として、自然素材のウールノップスピロー(球状のウール枕)を発表しました。


枕が原因の枕病

枕が原因で起こる、肩こり、腰痛、頭痛、腕のしびれ、イビキなどの枕病について調査し、人それぞれに合った枕のはかり方を確立。


枕が原因の枕病

枕革命 2つの要素 
(1) 立った姿勢で枕を計る 加藤理論
(2) 5分割構成の加藤式枕が、枕革命を現代での枕の原型ともいえる。

1996年、枕の集大成として自然素材の「ウールノップスピロー(球状のウール枕)」発表

ノップスピロー

これにより、従来の枕の高さをずいぶん低くし、「頸椎を支える」という枕の役割を明確にした。
人それぞれ、頸椎の深さ(凹み)はまちまちで、当然、理想とする枕の高さもまちまちになります。

1996年、インターネット上にanmin.com を立ち上げた当時は、加藤氏の考案した枕測定器で
人それぞれの枕の高さを測定していました。

枕測定器

ところが、充填物素材として、吸湿・発散性に長けていて、丸洗いもできる、蒸れない
球状ウール(羊毛の玉)を用いた場合、枕の高さは、3cmに収束されることが判明しました。

  

このことは重大発見ともいえますが、事実、加藤氏発明のノップスピロー(球状ウール枕)は
3cm、4cm、5cm と3種類用意されていながらも、大半の方が3cmのものでマッチすることを、私たちは知っていました。

※枕の中身の充填物にはいろいろありますが、加藤氏が枕素材として選択・開発した、「蒸れない、洗える、日に干せる、クッション性がある、自然素材である」球状のウール素材が最適であるといえましょう。



続いての考察課題は、「後頭部のカタチ」になります。
ぜっぺき型、かなづち型、なめらか型と、頭の形も人それぞれです。
「自分の頭のカタチに合わせることができる」ということがポイントになります。
加藤氏とは、これについて「いかに対応できる枕に仕立て上げるか」検討し合いました。



次なる課題は、「枕の構造」についてです。
従来の加藤式枕は5分割でした。それを、後頭部を広くした4分割としました。
(加藤式枕は【?】の部分が2つに分かれていた)

枕の構造改革

「ねいるケアあんみん枕」分割された3つの部分【A】【B】【C】を調節することによって、加藤勝也氏による「自分に合った枕の3つのポイント」を目指します。

自分に合った枕の3つのポイント
(1)顔の角度 (目線) 5度 下向き

(2)腹式呼吸が出来ること

(3)その枕で全身がのびのびとリラックスしていること

総じて、その枕で やさしい顔になること

そして同時に、「良い枕の4つの条件」をクリアすることを目指しました。

良い枕の4つの条件
(1) 寝返りしやすく 無理なく横向け寝にも対応できるような枕
(2) ここちよい「頭寒足熱」の枕、蒸れない枕、吸湿発散性に富んだ枕
(3) いつも清潔に保てる枕
(4) 人と地球にやさしい枕



このようにして枕博士・加藤勝也氏の枕理論を土台に、
共生〜共眠のコンセプト のもと、睡眠科学にのっとったねいるケアあんみん枕となりました。

 

枕博士・加藤勝也氏のダメ押し・最期の枕 
(2009年9月19日 中日新聞朝刊) 「ねいるケアあんみん枕」 記事ねいるケアあんみん枕 新聞発表



生涯、枕の研究に身を捧げた加藤勝也氏はこの枕の完成を見とどけて、
翌月10月7日、永久の眠りに就かれました。
 
加藤死すとも、安眠枕は永遠なり