ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
フリーページ
rss atom

ヘンプの蚊帳の中で【人類の眠りの進化】をご体感ください

 
 東京・新宿OZONEで開催中!

  
ヒトは類人猿の頃から、ずっと心地よい眠りを求めてきました。
類人猿のチンパンジーは毎日木の上に楕円形のベッドを作っている。
二足歩行を始めた人類の祖先も440万年ぐらい前までは、樹上にベッドを作って眠っていたようです。
 
日本での最初のベッドは奈良時代に聖武天皇が使用していたヒノキ製のものです。「御床(ごしょう、おんとこ)」

そして平安時代になると、貴人の休寝用に天蓋付きのベッド「御帳台(みちょうだい)」が誕生しました。
この御帳台の床床の上には畳が敷かれ、畳の上には、中敷の畳・表筵(おもてむしろ)・龍鬢地鋪(りゅうびんぢしき)・茵(しとね)が重ねられた。
このように日本のマットレスの原点は「畳」であった。
 
今回の出展はヒノキのフレームで、天照大御神の化身ともいえる大麻(おおあさ)・ヘンプの帳を用意しました。天然藍染の蚊帳・アースネットの中に、日本のベッドの原点とも言われる御床(おんとこ)を基にしたその名も「ontoko」が備えられています。
そして、日本のベッドの原点である畳から進化を遂げた天然素材のマットレス・ラークオール の構造もご覧になれます。

また、藍染施さない生成りの大麻(ヘンプ)ベッド蚊帳もご用意しています。
 
古くて新しい大麻(おおあさ)ヘンプの蚊帳の中で、人類進化ベッド、ontoko(御床)、ラークオール(マットレス)に触れながら、人類の安眠への軌跡をご体感ください。
   
藍染ヘンプの蚊帳

 

「古い眠り」から「新しい眠り」へ展 2018年2月15日(木)〜3月13日(火)
 

会 場 リビングデザインセンターOZONE(5F 寝具御誂専門店 IWATA東京)
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
主 催 寝具御誂専門店 IWATA東京 詳細