ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
フリーページ
rss atom
ホーム ねいるケアあんみん枕 > 枕で共生〜共眠
枕で共生〜共眠


枕博士=加藤勝也氏と共に
 日本睡眠環境学会で発表 1999年〜

テーマ:睡眠改善のための第三の鍵 共生〜共眠

人は眠るのではなく、大自然のリズムの中で眠らされている存在です。

ちょうど自律神経と同じように、自分の意思ではコントロールできない部分が睡眠にはあると
認識してください。

人の体内にセットされた、サーカディアンリズムを地球上の現地時間に合わせ、昼は元気に
活動し、夜は静かに眠る。この当たり前のとも言える、「地球と共に生き、地球とともに眠る」
リズムが良い眠りの元です。

「共生〜共眠」の大切さを唱え、枕博士・加藤勝也氏と同じ睡眠環境学会で1999年以来

睡眠環境改善 安眠空間の創造=「共生・共眠」を発表して参りました。

ここに 、地球と共に眠る → 蚊帳の有効性 へと進んでいきました。

共生〜共眠 学会発表

そのような活動の中で、

anmin.com 菊屋は21世紀にその姿を消した「蚊帳」を 
共生 〜 共眠の「 スリーピングネット」として
復活
させることに成功しました。


スリーピングネット   ベッド用蚊帳  カラミ織


菊屋のスリーピングネットの特徴 カラミ織

カラミ織 従来の蚊帳生地は平織り。
糊で固めていたため、洗濯することができませんでした。

菊屋のスリーピングネットは縦糸をねじりながら横糸を通していく独自の【カラミ織】を蚊帳生地用に開発。

これによって天然素材で洗える蚊帳が実現しました。 
※この麻のカラミ織を【ねいるケアあんみん枕に】採用しています。



このように、21世紀の蚊帳・スリーピングネットは共生〜共眠の理論の基にうまれました。

そして、この理論から再び「共生〜共眠の精神を盛り込んだ枕つくりをしてまいりましょう」
加藤勝也氏と約束しました。 

 

そして出来上がった枕が「ねいるケアあんみん枕」です。

 

枕本体の生地は麻100%とし、枕の中身を入れるユニットカバーに麻のカラミ織を採用しました。

蚊帳つくりのコンセプトが枕に生かされました。

カラミ織のユニットケース